初詣大仏の大本山成田山仙台分院インスタグラム

スピリチュアルカウンセリング >> プラス発想と暗示法

プラス発想と暗示法

プラス発想と暗示法

プラス発想

 人間には想像力があります。 他の動物と人間を区別するもっとも大きな違いのひとつが、この人間固有の「想像力」にあると言えるでしょう。 動物はありもしない事を色々と考えて、喜んだり悲しんだりはしません。目の前にある現実のみに反応して生きているのです。 人間は、たえず想像をふくらませて、現実にはありもしない事に一喜一憂しています。まだ当たるかどうかわからない宝くじを前にして賞金の使い道を考える事は人間のみに許された特権なのです。

 人間の比類ない想像力が発展の原動力となってきました。 プラス発想で電気・車・飛行機等々人はつぎつぎと色々なものを発明して生活を豊かにしてきました。このようなプラス発想からの発明は様々な事を考える力なしには決して実現しなかったでしょう。

人間の想像力は、一面では確かに偉大な働きをしています。しかしその一方で次のような話もあります。 ロシアの文豪トルストイはこのようなことを書いています。彼が自転車に乗り始のころ、ペダルを踏んでいると前方に石が転がっているのが目に入ってきて、何とかそれを避けようとして、その石をにらみつけながら懸命にハンドルを握っていました。ところが、その石を見つめれば見つめるほど、自転車はその方に近づいてゆき、とうとう彼は石にぶつかって転んでしまったというのです。 これはプラス発想の想像力が悪い方向に働いた一例です。最初はほんのささいな心配ごとが、たくましいプラス発想の想像力の中で巨大なものに膨れあがり、しまいには避けられないものとなってしまったのです。誰しも似たような経験があるのではないでしょうか。

 ふりかえれば人類の歴史は、プラス発想によってその望んだことの積み重ねなのです。 プラス発想は良くも悪くも「想い」は常に実現していくようです。

 「プラス発想」とは常に物事を前向きに、積極的に、明るく、良い方向に考えることを言います。 両刃の剣となるプラス発想「想像力」を上手に活用する方法がここにあります。

 現在の状況に不平不満ばかり言っていてもしかたがありません。むしろ、ものごとの悪い部分ばかりに気をとられていると、知らず知らずのうちに、それが現実のものとなってしまいます。 運命は他から一方的に与えられるものではありません。現在直面している現実は、プラス発想にてそれが良いものであれ悪いものであれ、自分の想像力で選んだものなのです。 常にプラス発想を心掛け自分が望む目標に注意を集中していれば必ずそこに到達することができるでしょう。

 最後にトルストイは先の文章に続けてこう言っています。 「だから、そういう石には目をむけないことだ。」

 世の中には色々な性格の方がいますが、そうした中で常に明るく楽しく過ごしている楽観的な方と、暗く悲しく生きている悲観的な方が見うけられます。 いつも自分の不幸を嘆き、愚痴や泣き言ばかり言っている人、様々な困難を抱えながらも何事もないように明るく振舞っている人、どちらの態度を取ろうと他人がとやかく言う筋合いはないかもしれませんが、この考え方の違いはその場だけのものでなくその人の今後の人生にも大きな影響を与えてゆくことでしょう。

 昔あるところに、傘屋と下駄屋の二人の息子を持つおばあさんがいて、そのおばあさんは何故かいつも泣いてばかりいました。 おばあさんがいつものように泣いていますと、そこに一人の僧侶が通りがかり、おばあさんにたずねたのです。 「どうしてあなたはそんなに泣いてばかりいるのですか。」 おばあさんが答えて 「実は私には二人の息子がおりまして、傘屋と下駄屋をやっております。天気がよいと傘屋の息子の商売が困るのではないかと心配で、雨が降ると下駄屋の息子が困るのではないかと心配で、だからいつも心配事ばかりで悲しくて泣いているのです。」 それを聞いた僧侶はこう言いました。 「それではこのように考えてはいかがでしょう。天気がよければ下駄屋の息子さんは、商売が繁盛して安心だ。雨が降れば傘屋の息子さんは、商売が繁盛して安心だ。こう考えてみたらいかがでしょう。」 それまでは毎日が心配事ばかりで、暗く憂鬱な泣いてばかりの日々をおくっていたおばあさんでしたが、僧侶のこのアドバイスを聞いた後は、毎日がよいことばかりの、明るく楽しい日々を送るようになったそうです。

 人生には楽しいこともつらいこともいろいろとありますが、つねにものごとの良い面に目を向けてゆく「プラス発想」を心掛けてみましょう。 このおばあさんのようにきっと幸せが訪れます。

プラス暗示法

 普段、私達は漠然と「幸せになりたい」と考えています。 しかし、現実の生活の中では「幸せを感じる時」よりも「幸せでないと感じるとき」の方が多くて、「自分は懸命に頑張ってるのに、どうして世の中うまく行かないのか。」と嘆くことしきりという方も多いようです。 幸福と不幸が存在しているのは何故でしょうか。裕福と貧乏が存在しているのは何故でしょうか。することすべて成功する方と失敗ばかりする方がいるのは何故でしょうか。努力もせずに栄達する方と、どんなに頑張っても報われない方がいるのは何故でしょうか。 単に不運だったのでしょうか。 自信に満ちている人と自信のもてない人が存在するのは何故でしょうか。人気者と嫌われ者が存在するのは何故でしょうか。病に苦しむ人と元気な人、不治の病を克服する人と、ちょっとした風邪がもとで命を落とす人がいるのは何故でしょうか、善人があくせくと働く一方で、悪人がのうのうと暮らしているのは何故でしょうか。物事を迅速に達成できる人と一生掛けても成し遂げられないのは何故でしょうか。 或いは力不足だったのでしょうか? 同じ環境に育つ双子でも幸福と不幸が存在するのは何故でしょうか。 、信心深く親切な人が不幸で、不信心な冷血漢が幸福だったりなのは何故でしょうか。 何等かの行動様式の違いがあるのでしょうか。 これらは恐らく誰もが心に抱いている不公平感や疑問ではないでしょうか。

 ところが、実は人生にはプラス暗示という一つの偉大な暗示の法則があるのです。即ち「人生は自分が思い描いた通りに実現される」というのがプラス暗示です。 中には「そんな馬鹿なことがあるものか。人生そんに甘くはないよ!」と、思った人もいるでしょう。しかし、このプラス暗示の法則を信じ、理解し、実践する事によって、本当に「幸せ」と「成功」がもたらされるのです。 但し、このプラス暗示の法則をうまく人生に役立てるには一つだけ条件があります。それはこれまでもくり返し述べてきた「プラス発想」の暗示の習慣が身についている事です。

 プラス発想とは「常に物事を前向きに、積極的に、明るく、良い方向に考えること」なのです。 世の中には物事全て希望的・楽観的に暗示で捉える人と、全て絶望的・悲観的に暗示で捉える人がありますが、前者は「プラス発想人間」、後者は「マイナス発想人間」といえます。 幸せな人生をおくることが出来るのは圧倒的に「プラス発想人間」の方でしょう。何故なら「人生は自分が想い描いた通りに実現される」からです。一方の「マイナス発想人間」は余りパッとしない、どちらかといえば不幸な人生を歩みがちです。それも「人生は自分が思い描いた通りに実現される」からです。

 大切な事は「幸せな自分」「成功した自分」のことをのみ心に思い描きその実現を強く念じ暗示ることです。そして、「不幸な自分」「失敗した自分」の事は決して考えないことなのです。 問題なのは、マイナスイメージの方がプラスイメージよりもはるかに強く心に刻み込まれる傾向にある事です。だから、マイナス発想は絶対にしてはなりません。マイナス発想は、それまで積み上げてきたプラス発想の効果を消滅させてしまうからです。マイナス発想を止めてプラス発想を習慣づけるのと、次第に生活の円滑化現象が起き始め、それに伴って願望達成能力も身についていきます。そのプラス発想の習慣をより確実にするための一つのテクニックがあります。 それは「プラス願望に基づく自己暗示トレーニング」です。

 この方法は簡単です。
第一に願望をより鮮やかにイメージし暗示することです。
第二に願望を言語化した「祈りの言葉」を唱え暗示する事です。
 この二つのことを朝晩のまどろんだ状態の時や心身のリラックスしたときに行います。そしてこの暗示を毎日繰り返すのです。 たったこれだけのプラス暗示で願望は達成されるようになっていくのです。

スピリチュアルカウンセリングに関するお問合せは下記にて承ります。
大本山成田山仙台分院
住所  :〒980–0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33-2
電話番号:022–225–8640
FAX :022–225–8655